転職 年収UPの秘訣

転職の際に有利な資格

事務職の場合

転職に有利な資格・注目されている資格、今度は「事務職」向けの資格をみてみましょう。 ひとくちに「事務職」といってもその幅は広いため取得可能な資格の数は多く、また専門性が高くて取得困難な資格もありますが、ここでは、著しく難易度の高い資格は避け、人気の高い資格をご紹介しましょう。

「マイクロソフトオフィススペシャリスト」は、Microsoft Office Specialist(略称 MOS)は、Word、Excel、PowerPointなどの利用能力をマイクロソフトが認定する国際資格です。デスクワークでの最低限の素養ともいえるOfficeのスキルを、客観的な資格によってアピールすることができます。

「日商簿記検定」は、一般に2級以上を取得すれば就職・転職の際に有利といわれる日商簿記検定。経理や財務部門への転職希望者は当然取得したい資格ですが、取得に伴って、会計知識はもちろん、財務諸表の読解力なども身に付くことから、営業職など、一般のビジネスマンにも有用な資格といえます。

「社会保険労務士」は、一般には、独立開業のための資格と考えられる社会保険労務士ですが、ある程度、従業員数の多い会社では労務関係の仕事も繁多であるため、かなり幅広く需要のある資格となっています。 「行政書士」は、ハードルの高い国家資格が多い中では比較的取得がしやすく、対応する業務の幅も広いために企業でのニーズも高い資格です。もちろん、資格を取得すれば、独立開業の道を選ぶこともできます。

「医療事務」は、近年、“転職が有利に進められる資格”として人気の高い医療事務。その理由は、医療機関の増加に比べて医療事務職の人材が不足しているため求人数が多いこと、景気の影響を受けにくい職種であること、さらに勤務の形態を選べる場合が多いこと、などの点にあるようです。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved