転職 年収UPの秘訣

転職の際に有利な資格

IT業界の場合

「IT業界」においても、その事業分野や業務レベルによって取得すべき資格はさまざまにあり、転職に有利な資格、注目されている資格も異なりますが、以下、そのごく一部をご紹介してみましょう。

「基本情報技術者」は、情報処理技術全般にわたる基礎的な知識やコンピュータ言語のプログラミング、設計に関する問題などが出題される、IT業界の人間としては、いわば“必携”の国家資格です。 「プロジェクトマネージャ」は、システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト全体を管理・運営する能力を認定する国家資格。転職においては、実務経験の方が重視されるとも言われるプロジェクトマネージャですが、この資格の有無が、経歴を補完する場合もあるのではないでしょうか。

「LPIC(Linux技術認定)」は、Linuxの普及につれて需要が高まっているLPICの資格。Linuxの知識や技術力を測る試験はこれ以外にも存在するのですが、LPICは特定非営利活動法人・LPIによって実施される中立・オープンな試験であり、国際的にも通用する資格となっています。

「ORACLE MASTER」では、DBソフトにおいてシェア世界一であるオラクル社の製品の技術認定資格。Bronze、Silver、Gold、Platinumの段階があり、またこの順に難易度が上がりますが、転職の際にはGold以上を取得していないと評価されにくい、という声もあります。

「シスコ技術者認定」は、ネットワーク分野の著名企業・シスコシステムズ社が運営するネットワーク技術者の資格認定制度。現在、8つの技術分野のそれぞれで5段階の認定レベルが設定されていますが、当然、上位レベルの資格ほど、転職にも有利に働きます。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved