転職 年収UPの秘訣

転職活動の基礎知識

履歴書作成のポイント

応募先の会社に対して、最初に“自己アピール”を行う「履歴書」。それだけに、記述内容の正確さはもちろん、読みやすく、一般常識にかなった体裁を備えているかどうかも、応募者の“人となり”をはかる上での大切なポイントです。念のため、履歴書の書き方の基本を、ここで確認しておきましょう。

「筆記具」は鉛筆やシャープペンシルを避け、黒インクの万年筆かボールペンを使って、丁寧に記入することを心がけましょう。 万一書き間違いをした場合は、修正液などは使わず、新たに書き直しをします。修正跡のある履歴書は、その作成者を“最大限の注意を払うべき仕事にも、小さいとはいえミスを犯す人間”と印象付けてしまう可能性があるからです。

一度送付した履歴書が返送されてきても、それを他社への応募に「使い回す」ことは止めましょう。 提出日欄などに以前の日付が記入されていて不適当であるほか、そもそも、志望動機など、各企業に特化した内容が書かれている項目がある履歴書は、違う会社の応募には使えない筈です。

また、履歴書は複数の会社に送付する場合が多いと思いますが、どの会社に何を書いたか分からなくなったりしないよう、コピーを取るなどして保存しておきましょう。

また、履歴書に用意されている項目は、基本的に、全部の欄に記入し、空いたままの項目がないようにしましょう。ただし、賞罰に関しては、何もなければ「賞罰なし」と記載すればよく、資格についても、何も記載すべき事項がないならば「特になし」と書きます。 最後に、誤字・脱字などのケアレスミスはないか、送付する日付が抜けてはいないかなどをしっかり確認しましょう。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved