転職 年収UPの秘訣

転職活動の基礎知識

退職時に受領するもの/返却するもの

退職時には、社会保険・年金関係の書類など会社から渡される書類がある一方、社員証など会社に返すべき書類や物品もあります。念のため、どのような書類や物品があるか、事前に把握しておきましょう。

会社から受け取る書類等には、以下のようなものがあります。 「離職票」は雇用保険手続きの際に必要な書類で、通常は退職後10日ほどして渡されることになります。離職票は、失業手当を受給できる権利や、給付日数などを証明する書類なので、次の再就職先が決まっている場合は必要ありませんが、念のため、受領しておきましょう。 「年金手帳」は厚生年金保険に加入していることを証明し、公的年金の手続きには一生涯使い続ける手帳です。多くの場合、入社した時に会社に預け、退職の時点で本人に返却されます。また、転職先が未定で、失業中に国民年金の種別変更を行う場合にも必要ですから、大切に保管しましょう。

「雇用保険被保険者証」は雇用保険手続の際に必要な書類で、転職先の会社に提出することになります。年金手帳と同様、入社の際会社に渡し、退職時に返却されます。1人に1枚しか交付されませんので、忘れずに受け取りましょう。 「源泉徴収票」は年末調整に必要となり、退職したその年の内に新たな会社に就職した場合は、就職先の会社に提出して税金の手続きをしてもらうことになります。その年の内に就職しなかった場合は、確定申告手続きを自分で行う必要がありますから、必ずもらっておきましょう。

その他、これまでの健康保険から脱退し、退職後に国民健康保険に加入する場合に必要な「健康保険被保険者資格喪失証明書」や、退職後、健康保険に加入している家族の被扶養者となる際に必要な「退職証明書」、また、従来、厚生年金基金に加入していた人は「厚生年金基金加入員証」も受け取ることになります。 一方、会社に返す必要がある書類等には、以下のようなものがあります。 「健康保険被保険者証」は退職にともない、会社の健康保険は脱退することになるため、保険証は返却します。(ただし、“任意継続被保険者”制度を利用する場合は健康保険証の番号が必要ですので、保険証はコピーしておきましょう)

「社員証/IDカード」、「社章」類。会社から支給された身分証明書類は、退職時に返す必要があります。 「通勤定期券」は定期券そのものが支給されている場合、退職の日に会社に返却します。 「業務上の関係書類等」は業務上で使用、作成した資料や書類、データ、作成物は、原則的には、所属していた会社の資産であるため、返却しなければなりません。 「名刺」。使い残した自分の名刺は返却するとともに、仕事上で受け取った名刺も、原則としては会社の所有物と見なされるため、返却する必要があります。 その他、「制服/作業着」「書籍や事務用品等」といった品々も会社の所有物であるため、退職時に返却します。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved