転職 年収UPの秘訣

転職活動の基礎知識

円満退職に向けての注意点

さて、ついに転職先も決定し、あとは退職の手続きを進めるだけという段階に至って、意外に“円満退職というのは難しい”という感想を持った方が、転職経験者の中には少なくないかもしれません。

例えば、「退職願」は、転職先内定後に、いきなり提出すればよいものでしょうか? 本来は、上司にまず退職の意志を伝え、退職日を相談した上で提出するもの、とされています。 ただし、退職がすんなりと承認されるとは限らず、退職願を受け取ってもらえなかったり、後任がいないといった理由で先延ばしを余儀なくされる、といったトラブルが発生したという話を時折耳にすることがあります。

こうした場合は、いったん“宣言”したからには完遂するという意志を持ち、上司などにその意志の堅さを理解してもらえるよう、心を込めて話をすることが必要です。誠実に、自分のキャリアアップや自己実現のためなどの前向きな理由で次のステージに進みたいことを説明すれば、その思いが伝わらないということは、まずないのではないでしょうか。

また、仕事の引き継ぎは、後任が決まっていなかったり、決まっていても、担当者が多忙で落ち着いて引き継ぎができなかったりして、進まないことも多いものです。

引き継ぎなど、他人や会社をも巻き込むタスクは、“この日までにこれを行う”というスケジュールを自ら作成し、関係する人たちに周知した上で、協力を仰いで進めましょう。“個人の退職”にまつわる出来事を“チームのタスク”とすることで、既定の作業化することができます。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved