転職 年収UPの秘訣

転職に関するFAQ

面接で希望の給与額を聞かれたら?

面接の場では、希望する給与額を質問される場合があります。この問いには、どう答えればよいでしょうか?

給与について格別の希望がない場合は「御社の給与水準でお願いします」といった回答でよいでしょう。しかし、確保したい給与額といったものが決まっていて、それがこの転職でぜひ実現させたい重要なポイントであるような場合には、やはり、その額は告げるべきでしょう。

その際、注意したいのは「その額の根拠を、“入社後の自分”に即して説明できるか」ということです。 多くの会社では、一定程度の賃金テーブルというものがあり、そこから算出される金額と就職希望者が求める金額に、差がなければ問題はないのですが、差が大きかった場合には、「なぜ、そうした金額になるのか」を説明する必要があります。 しかも、その説明は「私の事情でこれだけ欲しい」という説明ではなく、「入社後には、会社に対してこれだけの貢献ができるので、それに見合う給与として、これこれの金額が欲しい」といった趣旨の説明ができなければ、会社側を納得させることは困難でしょう。

もちろん、そうした説明ができたとしても、希望する金額が受け入れられる可能性は高くないかもしれません。そもそも、具体的な根拠やデータに基づいて面接の場で説明することそれ自体が、実際には、まずできないことでしょう。 しかし、要は“高水準の給与を求めるだけの能力を備えた人間である”という主張と、その主張を裏付ける何らかの根拠なしには、賃金テーブルの規定を超える給与は獲得できないと考えましょう。

また、そうした主張を行う場合でも、“是が非でもその金額が欲しい”といった姿勢ではなく、“希望は述べるが譲歩もする”という姿勢を明確に示しましょう。そうしないと、“人間性に難あり”と評価され、面接は即終了、となってしまうかもしれませんから……。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved