転職 年収UPの秘訣

転職に関するFAQ

年代ごとに求められるポイントは?

転職希望者の年齢・年代によって、会社が求める資質や人物像は、当然のことながら変わってきます。このページでは、会社が各年代の応募者に対して望むポイントを、確認してみることにしましょう。

“20代”の転職者に対して、担当者は、些細な理由ですぐ辞めてしまったり、基本的なコミュニケーション能力が不足している人材を多く見ているだけに、入社後、すぐに離職しそうな人間や、こちらから手取り足取り教えないと何もできないような人は避けたい、と考えます。 そこで、“この会社の将来に貢献したい・貢献できる”といった熱意と意欲を示すとともに、自らの意志で局面を切り開くことのできる自主性や積極性をアピールすることが大切になります。

“30代”の転職者には、職務の上や社会人としての立ち居振る舞いにおいて、すでに一定程度の“経験値”を備えているはずであるため、入社後は、組織の一員としてすぐに機能してもらえるような“即効性”を、会社は望んでいます。

そのため、そうした“即効性”を発揮できる人材であることを面接の場などで的確にアピールする一方、経験値や実績が一目で効果的に伝わるよう、履歴書や職務経歴書の書き方などに注意を払いましょう。 “40代”以上の転職者に対しては、“一個人としてどれだけ仕事ができるか”もさることながら、チームや部署のリーダーとして“組織をどれだけ上手く運営できるか”といった、マネジメント面の資質に、会社は注目をします。

そこで、個人の経歴や資質とともに、コミュニケーションや組織運営の能力といった、文章などでは伝えにくい資質を訴求する必要があり、面接の場で効果的なアピールを図ることが重要となります。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved