転職 年収UPの秘訣

転職に関するFAQ

転職活動では何社くらい応募する?

一般に、転職活動において再就職先が決まるまでには、いくつぐらいの会社に応募するものなのでしょうか。各種アンケートや就職関連サイトのデータなどによれば、おおむね「5社前後」が最も多い答えであるようです。

ただし、この数字は、データの“分母”である回答者全体の年齢構成や、過去に転職経験が有るか否か、といった条件によってかなり変わることが予想されます。

例えば、年齢的に若い層を回答者とするアンケートでは、複数社に応募する“行動力”には優れているものの、“経験値”などのアピールポイントの面は弱いことから、結果として、多くの会社にエントリーすることになり、“10社かそれ以上”といった答えがもっとも多くを占めるかもしれません。逆に、回答者の年齢層がある程度高い場合にも、なかなかスムーズには再就職先が決まらず、多くの会社に応募する結果となり、「5社前後」よりも多い回答結果となる可能性があります。

また、回答者が在職中なのか離職後なのかによっても、転職活動に費やすことのできる時間は大きく違うため、回答結果も変わってくるものと思われます。 となると、回答者層の質を考慮せずに“○社くらい応募するのが普通か?”と尋ねることには、あまり意味がない、といえそうです。

ちなみに、同時に複数の会社に応募することは、格別問題ではありません。なるべく短い期間の内に転職を果たしたいと考えるならば、何社か並行して活動を行うこともあり得ることでしょう。しかし、その分、面接の日時が重なったり、スケジュールに苦労する場合も起こりえますから、そうした点には留意して活動を進めましょう。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved