転職 年収UPの秘訣

転職に関するFAQ

第一次産業に転職したい場合は?

転職といえば、“製造業”や“事務職”など、第二次・第三次産業への転職をイメージする場合がほとんどでしょうが、中には、農業や漁業といった「第一次産業」を志す人もいるかもしれません。昨今の厳しい経済状況や社会観・価値観の変化により、潜在的な希望者は増えているようにも思われます。

例えば“知識や経験はまったくのゼロだが、農業を始めたい”という人はどのように情報を集めたらよいでしょうか。

最も近道と思われるのは、各都道府県にある「新規就農相談センター」の説明会・相談会に参加したりサイトにアクセスしてみることでしょう(漁業についても「全国漁業就業者確保育成センター」という同様の組織があります)。また、自立した、“自営業”の業種として農業を選ぶならば、いわゆる「農業法人」でまず農作業の経験を積み、必要なノウハウを身に付けて独立する――という転職の仕方もあるでしょう。

さらに、具体的な転職先など、仕事場の情報を得たいという人は、インターネット上にいくつかの“農業求人サイト”がありますから、それらから希望にあった求人先を探すことも可能です。

ただし、第一次産業に従事する人の生活は、多くの場合、きわめて“厳しい”といわざるを得ません。とりわけ収入の面では、複数の調査結果から見ても、他の産業・職業と比べて低位にあるのが現状です。もちろん、農業法人の成功事例なども見聞きしますし、第一次産業への転職はまったく進められないわけではありませんが、少なくとも、他分野への転職と比べてよほど強い意志を持った人や、収入だけではない“生きがい”を見いだせる人でないと、転職後に“定着”することは難しいかもしれません。

転職活動の基礎知識

転職の際に有利な資格

転職と年収について

年収についてのデータ集

転職に関するFAQ

Copyright (C) 転職 年収UPの秘訣 All Rights Reserved